消費者金融やカードローンの利用をするときに不安なのが審査です。審査に通るかどうかは結果が出るまでわかりません。年収が高くても、正社員でも、審査に落ちる可能性はあります。また、審査に落ちたとしてもなぜ落ちたのか、どこが引っかかったのかを企業側は教えてはくれません。もし審査が不安な場合はどうするべきなのでしょうか。

カードローン審査が不安なときにチェックするべき項目

まずは自分自身で不安要素を取り除きましょう。自分自身である程度、審査に落ちやすいかどうかのチェックをすることが出来ます。 審査に落ちるかもしれない項目はある程度決まっているものです。

勤続年数が半年以下であること、他社借り入れ件数が3件以上であること、他社からの借り入れ金額が年収の三分の一程であること、ローンの滞納などをした経験があること、携帯電話やスマートフォンの料金の支払い忘れ経験があること、10年以内に自己破産手続きの経験があること、年収に対して借り入れ希望金額が多すぎること、といった点です。 これらの項目で気になる部分があると、審査に落ちる可能性は高いでしょう。

ちなみに、肩書きが社長でも個人事業主の場合は審査に落ちる可能性があります。大手企業の正社員、中小企業の正社員、個人事業主の代表取締役の順番で審査に受かりやすいといわれています。個人事業主は何かあったときの責任を取る必要があるので、審査に落ちる可能性があるのです。そのため年収や勤続年数よりも重視される可能性があります。

カードローン審査が不安な場合は審査が甘い企業を

もし審査がどうしても不安な場合は、審査が比較的甘めだと評判の消費者金融を選びましょう。 企業のサイトに審査基準や審査が甘い、厳しいなどの記載はありません。しかし、アルバイトやフリーターでも歓迎している消費者金融は比較的審査が甘い傾向にあります。その反面、利息が安いところや銀行系のカードローンは審査が厳しいところが多いでしょう。

審査が通りやすい企業は、どうしても利息が若干高くなってしまいます。その点を考慮した上で、自分の現状にあった消費者金融を選んでください。 何度も何度も審査に落ちてしまうよりは、比較的審査が通りやすい企業を選んだほうが確実です。一度に複数者の消費者金融を申し込むと、それだけで消費者金融側の印象が悪くなってしまい、どんどん審査が落ちやすくなってしまうのです。

審査に落ちると不安に感じてしまうでしょう。その点も考慮して、現状で受かりやすい企業を選ぶことが大切です。